『有職装束大全』  (2018/6/15刊行・平凡社)

綺陽装束研究所主宰・八條忠基 著

朝廷や公家社会、武家の儀式などで用いられてきた、衣冠・束帯、十二単などの「有職装束」。
充実の320ページ。豊富なビジュアルを掲載し、わかりやすく平易に解説しました。
装束の歴史、束帯・狩衣、十二単などの個別説明、色彩や文様についての解説も。
「即位の礼装束」「天皇の御装束」など、ご慶事を理解するのに役立つ内容も充実です。

説明の典拠は原文で掲載し、研究者の需要にも応える内容!
きめ細かい索引で「有職装束事典」としても使用可能!

国史国文研究者・愛好家、和装関係、神職の皆さま、芸能関係の皆さま、
その他、日本文化を愛するすべての皆さまに贈ります!

         
         
B5 上製 320ページ
ISBN 9784582124323
定価:6800円(税別)
  <目次>

序 …… 2
グラビア …… 4
第1章 装束の歴史 …… 15
第2章 装束の種類 …… 33
 礼服・束帯・武官束帯・布袴・衣冠・直衣・狩衣・狩衣類似・小直衣・水干・直垂・幕府の服制・直垂類似・男子の子ども服・女子の子ども服・女性の装束・女性の理髪・即位の礼装束・天皇の御装束・神事の装束・神職の装束・雅楽舞楽の装束・凶服 
第3章 装束の構成具 …… 215
 冠と烏帽子・単衣衵袿・指貫狩袴ほか・持具履き物
第4章 有職の色彩と文様 …… 247
 有職装束を支えた人々 …… 273
 装束用語集 …… 278
 史料 …… 285
 索引 …… 318

 
 
<netでのご購入>  amazonでの購入  平凡社サイト(各種オンライン書店へのリンクあり)