TOP  待賢殿とは 儀礼の再現・扮装  イベント 装束と調度 アクセス   綺陽装束研究所 お問い合わせ
  綺陽装束研究所
早稲田「待賢殿」

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1丁目9-1
アーバンヒルズ早稲田正門前 B1
 
 
待賢殿チャンネル

<おかげさまで満席となりました>

日本の文化、礼儀作法や暮らし方のルーツ、それが「有職故実(ゆうそくこじつ)」。
平安以来の衣食住のしきたり、「有職故実」を体系的に学ぶ、少人数制講座です。
十二単や衣冠・束帯など、「装束」の着付け実技も体験できます

<各回の講座内容>
 有職故実に関するレクチャー (50分)
 各種装束着付けの実技練習 (2時間)
※少人数制ですのできめ細やかな指導を心がけております。講義中の質問も御気軽にしていただけます。
※レクチャー中の録音・録画はお断りしております、ご了承ください。

    講座の様子
     
     

 
<講座の日時>

 毎月第3日曜日コース 13:00〜16:00 (12:45開室)
 毎月第4水曜日コース 13:00〜16:00 (12:45開室)
(日曜コースと水曜コースの混在・振替等はできません)

<2021年度スケジュール・第3日曜コース>

新型コロナウイルス感染症の蔓延度合いにより変更の可能性があります。

日程  講義    装束着付け実技
6月20日 有職故実概論 1.衣紋結び・指貫と単
7月18日 装束の歴史 2.狩衣・小直衣・さまざまな結び
8月15日 菊の被綿作り 3.袿袴
9月19日 装束の種類 4.5.衣冠
10月17日 故実書について
11月21日 年中行事と行事食 6.細長・小袿五衣

12月19日 有職の色彩 7.8.縫腋束帯
1月16日 有職の文様
2月20日 (講義はなく実技)
9.十二単
10.闕腋束帯
(二組に分かれて両方とも体験します)
3月20日
4月17日
5月15日

<2021年度スケジュール・第4水曜コース>

新型コロナウイルス感染症の蔓延度合いにより変更の可能性があります。

日程  講義    装束着付け実技
6月23日 有職故実概論 1.衣紋結び・指貫と単
7月28日 装束の歴史 2.狩衣・小直衣・さまざまな結び
8月25日 菊の被綿作り 3.袿袴
9月22日 装束の種類 4.5.衣冠
10月27日 故実書について
11月24日 年中行事と行事食 6.細長・小袿五衣

12月22日 有職の色彩 7.8.縫腋束帯
1月26日 有職の文様
2月23日 (講義はなく実技) 9.十二単
10.闕腋束帯

(二組に分かれて両方とも体験します)
3月23日
4月27日
5月25日

<受講料> (税込み・教材費を含む)
 前期合計 25,000円 (事前銀行振込)
 後期合計 35,000円 (前期最終回に現金納入)

※初回のみ、白作務衣(4500円)をご購入いただきます。
  初回開講時、現金で販売いたします。

※受講生の御都合で欠席された場合、受講料の返還・他日程への振替はできません。
※自然災害その他の事情で開講が不可能の場合、日程を調整して補講を行います。
 (当日9:00の時点で東京都23区に暴風警報が発令されている場合は休講とし後日補講実施とします)

<募集定員・受講条件>
 初心者・未経験者で、御装束・周囲への気配りを大切にされる方対象。

 通年のお申し込みとなります。期ごとのお申し込みはできません。
 各コースの定員は9名です。
 年齢は20才以上の方。着付け合うため
女性のみとなります。
 座礼となります。椅子席はありません。

 着付け実技をするために、手の爪を短く整える必要があります。
 白足袋(もしくは白ソックス)だけご用意いただき、普段着でおいでください。
 着付けの際、腕時計やアクセサリー類はお外し願います。

<主任講師>

  八條忠基(はちじょうただもと)
綺陽装束研究所主宰
古典文献研究の研鑽だけでなく、敷居が高いと思われがちな「有職故実」の知識を広め、ひろく現代人の生活に活用するための活動を続けている。早稲田大学ほか大学・高校・図書館・神社庁等での講演多数。
主な著書に『有職装束大全』(平凡社・2018年)、『有職文様図鑑』(平凡社・2020年)、『有職の色彩図鑑』(淡交社・2020年)など多数。日本風俗史学会会員。

お申し込みの手順

(1)お申し込み
お申し込みはこちらのお問い合わせフォームにて、
以下の記入欄をコピーして貼付け、必要事項をご記入の上、ご送信ください。
原則として先着順受付となります。
一度に複数名のお申し込みはできません。それぞれお申し込み願います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【待賢殿有職故実講座 受講申込み】
お名前:
ご住所:
ご年齢:
お電話番号:
お申し込みコース: 第3日曜/第4水曜
白作務衣のサイズ: S/M/L (選択してください)
その他:
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※事前に info(アット)kariginu.jp を受信可能に設定してください。

(2)
前期分受講料振込み
お申し込み後、振込先口座をメールにて連絡申し上げますので、4月20日までにお振込み願います。
恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

(3)受講決定通知
前期分受講料納入確認後、メールでご連絡いたします。

(4)キャンセル期限
お申し込み後ただちに開講準備に入ります。恐れ入りますが
キャンセルは 5月10日 までにお願いいたします。
キャンセルお申し出後、納入済み受講料から銀行振込手数料を控除した金額を銀行振込で返還いたしますので、キャンセルお申し出の際は、振込先口座をメールでご連絡下さい。
キャンセル期限を過ぎてからの受講料返還は、理由にかかわらずお受け出来ませんのでご注意下さい。

 
皆さまの御受講をお待ち申し上げます。